牡丹物語

紅粧国際美容会社

紅粧:牡丹物語
牡丹の真の鮮やかな色に、百花の王様と呼ばれる牡丹は花咲く時に京城が騒ぐ。
叔女達は薄化粧をしながら、朱唇に口紅をさし、牡丹のように自然に全体の美感が現れ
百花繚乱の中で、牡丹だけの特有のおっとりした美しさや、艶かしさはまるで紅粧の独特の匠の手法で多彩な色・香り・韻を創りだしの美作、神様の傑作のようである。

前言
紅粧国際美容会社は長年の化粧品の専業調法経験や独特の研究開発の技術及び生産の豊富の経験を持ちながら、千坪ほどの工場に先進生産設備を設置しながら、専門の清潔装置もある。それぞれの皮膚の違いに最優良のスキンケアの研究・開発をしながら、伝統の調法方法で身体に不利なものを排出させる。水準を超える技術の革新によって、スキンケアの特殊性や実用性を突破して、美を維持したい皆様に高い品質のスキンケアを研究・開発をする。
新しい応用技術及び商品の開発の際に、競争力をつけ、国際化になり、いつでも自我の競争の優勢をつけ、GMPの精神を徹底に実行し、努力を惜しまずに国際化の競争の仲間入りを目指す。